通販広告用語辞典

ビッグデータ

このページでは通販広告用語「ビッグデータ」について説明しています。

ビッグデータ

インターネットなどの情報通信システムの発展により、従来のデータベースでは、記録や保管、解析などの処理を行うことが難しい巨大なデータの集まりを言います。データの種類や量に明確な規定はありませんが、多くの場合には、数テラバイトや数ペタバイトといった膨大なデータを指します。これまでのデータベースで管理できる構造化データ以外に、様々な種類や形式が含まれる非構造化データを含んでいます。ビッグデータの中には、日々生成されるリアルタイム性のあるデータも含まれています。近年では、膨大なデータを処理できる技術やソフトウェアが開発され、今まで活用できなかったビッグデータを利用したビジネスへの応用が期待されています。

ビッグデータと呼ばれるデータには、様々なものがあり、生活に身近な分野にもビッグデータは存在します。ソーシャルメディアに書き込まれるコメントや画像のデータ、ウェブサーバーで生成されるアクセスログ、車両や家電機器に組み込まれたセンサーからのセンサーデータなどが挙げられます。オンラインショッピングサイトでは、購買履歴やエントリー履歴をもとに、おすすめの商品が表示されるなど、ビッグデータの活用も始まっています。ビジネス活動においては、POS情報や物流情報、工場などの稼働情報や修理履歴、発注・請求に関する取引ログ、業務システムの利用ログなど、活用が期待される様々なデータがあります。

ビッグデータの処理には、蓄積されたデータを処理するバッチ処理とリアルタイムに生成されるデータを処理するストリームデータ処理があります。バッチ処理では、複数のサーバーをつないで分散して処理を行う並列分散処理に、オープンソースのソフトウェアであるHadoopを使用することで、ビッグデータの効率的な運用が行われると注目されています。ログやセンサーといった時系列データには、ストリームデータ処理が行われます。

ビッグデータの活用を進めるためには、データサイエンティストと呼ばれる職種の育成と確保が不可欠と言われています。データサイエンティストには、数理統計や機械学習に関する知意識を有するとともに、大量のデータの中からビジネス的価値を生み出す能力が必要とされています。

今までの技術では、処理できなかった膨大なデータ群の処理を行うことで、これまでできなかったシステムを生み出し、新事業の創出、業務の効率化、売上の拡大などに役立てられるとされています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ