通販広告用語辞典

キャッチコピー

このページでは通販広告用語「キャッチコピー」について説明しています。

キャッチコピー

特定の商品やサービスを印象に残るように、宣伝するための文章を言います。商品やサービスを販売する目的のために、キャッチコピーは作られ、商品の売れ行きを左右します。キャッチコピーは和製英語であり、キャッチフレーズと言われることもあります。映画や舞台などの宣伝にもキャッチコピーは使われています。企業のキャッチコピーは、コーポレートスローガンとも呼ばれ、会社の社会的取り組みや経営方針、イメージを伝えるものです。キャッチコピーは、商標権の登録要件に該当する場合においては、商標登録が行われる場合もあります。コピーライターは、キャッチコピーの制作を行う職業の人を指します。

キャッチコピーは、重要な販促ツールになります。広告に消費者をひきつけるとともに、対象となる商品やサービスを一瞬で印象付ける役割をします。キャッチコピーを読んで、あるいは聞いて、興味を持ったことで、より詳細な商品説明に興味を感じるようになります。そのためには、キャッチコピーは、意外性や逆説的な言い回しなど、ユニークでありながらも、商品やサービスに結び付くものでなければなりません。より詳しい内容を知りたくなるような文言が必要です。キャッチコピーには、広告に目をとめた人に、さらに商品を知ってもらうために、商品説明を読み進めるためのアプローチを行う役割があります。

インターネットにおけるオンラインショップでは、商品を手にとってみることができません。商品ごとに魅力的なキャッチコピーを付けられるかどうかが、売り上げを直接的に大きく左右します。商品のアピールポイントを端的に表現するキャッチコピー作りが重要になります。価格面以外では、話題性や売れ行き、限定感など、消費者をひきつけるワードを押さえる必要があるなど、オンラインショップならではのポイントがあります。ターゲット層を意識し、購入動機を刺激するような、対象者にあったキャッチコピーとなることも重要です。

オンラインショップだけではなく、インターネット上の広告による集客が重視され、インターネットはマーケティングを行う上で重要なツールとなっています。インターネット上では、見た人にクリックという行動を促すような目を引くキャッチコピー作りが必要です。

広告においては、キャッチコピーが生きるように全体のクリエイティブの質を上げ、付随するビジュアルやキャプションなどの要素とトータルで商品やサービスのイメージを作ります。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ