通販広告用語辞典

競合(競合他社)

このページでは通販広告用語「競合(競合他社)」について説明しています。

競合(競合他社)

競合とは競い合うことを言い、競合他社とは、競い合っている他の企業のことを言います。同じサービスを行っている場合以外にも、同じ消費者をターゲットとしている場合にも使われます。例えば、同一区間を電車とバスが運行していた場合においては、鉄道会社とバス会社は、競合関係にあります。同業種だけでなく、他業種であっても、競合関係にある企業は存在します。

ある程度寡占が進んでいる業界であれば、競合は緩やかになりますが、同程度の企業規模の他社と競い合っている状況であれば、激しい市場争いが展開されています。競合他社と競い合う状態においては、競合他社分析が行われます。競合他社分析とは、競合他社と自社を比較し、マーケティングの4Pと言われる、「製品」「価格」「販路」「販売促進」の分野などの項目から、競合状態の分析を行うことを言います。競合他社の経営状況については、上場企業であれば、有価証券報告書を利用します。非上場企業については、調査会社に依頼することになります。「製品」については、競合他社の製品と比較し、品質、性能などの面から優位性を把握し、差別化を図ります。「価格」については、競合他社の価格帯を視野に入れ、高価格路線でいくのか、低価格路線で行くのか検討します。「販路」については、既存の流通・販売網を使用するか、別のチャンネルを使うか、競合他社の流通網を把握の上、検討します。「販売促進」については、セールスプロモーションや広告展開について、競合他社に対して優位に立てるような戦略を検討します。分析を行うにあたっては、自社ならではのブランドイメージを確立することが大切です。他社を意識するだけでなく、ターゲットとする顧客層に訴求できるような製品作りや、価格設定、販売促進活動を行う必要があります。分析の結果、同業であっても、対象となる顧客層がバッティングせず、住み分けができる場合もあります。

競合他社となり得る企業は、鉄道会社とバス会社のように、同業の企業のみとは限りません。ハンバーガー店であれば、牛丼店や低価格なファミリーレストランなど安価な食事を提供する業態は、競合他社であると言えます。逆に同じハンバーガー店であっても、販売価格帯が異なり、ターゲットとする顧客層が異なれば、競合関係とはなりません。競合関係にある他業種についても、分析を行い、優位性を持てるようなマーケティングを行う必要があります。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ