通販広告用語辞典

費用対効果

このページでは通販広告用語「費用対効果」について説明しています。

費用対効果

費用対効果とは、かけた費用に対する効果の度合いをいいます。コストパフォーマンスとも呼ばれています。

他の広告媒体に比べて、インターネット広告では、費用対効果について、精度の高い検証を行うことができます。インターネット広告では、アクセス解析により、どの広告から資料請求などの問い合わせや購買などの成果に結び付いたか、検証を行うことができます。その結果をもとに、費用対効果を比較し、今後の効率のよい広告展開に結び付けることができます。

広告の費用対効果を測る指標として、CPAとROAS、ROIがあります。CPA(Cost Per Acquisition)とは、顧客獲得単価を表し、1コンバージョンあたりのコストを指します。コンバージョンとは、資料請求や購買など、そのWebサイト上の最終成果物をいいます。CPA=コスト÷コンバージョン数で求めます。ROAS(Return On Advertising Spend)とは、投資した広告費用の回収率を表し、広告掲載料1円あたりの売上額を算出します。ROAS=売上÷コスト×100%で求め、数値が高い方が費用対効果はよく、100%を切ると、損失が生じたことになります。ROI(Return on Investment)は、投資した資金に対する利益の割合を指します。ROI=(コンバージョン数×平均利益単価-コスト)÷コスト×100%)で求めます。

マス広告の費用対効果を分析する手法として、「エコノメトリックアプローチ」という分析方法が、調査会社などで広く使われています。広告の費用対効果を分析する際には、他のマーケティングによって売上が増えた部分を除き、広告を行わなくても発生する売上部分である、ベースラインを算定します。ベースラインの推測には、スムージング法がよく使われています。総売り上げからベースラインを引いた広告由来部分と、売上反応関数から算出されます。インターネット広告では、アクセス解析で、費用対効果を算出でき、出稿の期間のみ広告効果が発生します。これに対して、マス広告などの従来型の広告では、広告の期間に商品やサービスが周知されたことによって、後の売上につながる場合があります。マス広告とインターネット広告では、ROIなどの指標において、単純な比較はしにくいものがあります。マス広告では、費用対効果より、中長期的な投資対効果で算定を行う方がよい場合が多くあります。

効率的な広告展開を行うためには、広告の費用効果や投資対効果について、定期的に検証を行う必要があります。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ