通販広告用語辞典

イーコマース

このページでは通販広告用語「イーコマース」について説明しています。

イーコマース

イーコマースとは、インターネットや通信回線などのコンピュータネットワークを利用して、契約や決済を行う電子化された商取引形態をいいます。ECやイートレード、電子商取引ともいわれています。インターネットの急速な普及により、インターネットによる商取引をのみを指して使われることもあります。イーコマースは、初期の段階では、企業間取引として発展してきました。近年では、実店舗を構える従来型の取引に対してのコスト面での優位性や、地方在住という地理的な不利がなく参入しやすいことから、企業が消費者向けに行う取引が急速に発展し、成熟を迎えています。

イーコマースは、3つの種類に分けられています。企業同士間の取引は、「B to B」(Business to Business)、企業・消費者間の取引は、「B to C」(Business to Consumer)、消費者同士間の取引は、「C to C」(Consumerto Consumer)といいます。

B to Bでは、初期の頃には、EDIと呼ばれる電子データ交換による受発注が、行われていました。Webサイト上で、原材料の調達側と販売側を結び付ける電子市場である、イーマーケットプレイスにおいて、複数企業間の取引が行われています。またASPと呼ばれるビジネス用のアプリケーションをレンタルするサービスも広まっています。

B to Cでは、Webサイト上で消費者に対して商品の販売を行うオンラインショップ(電子商店)が一般的です。商品だけではなく、ソフトウェアや音楽、オンラインゲームなどのコンテンツの販売、株式などの金融商品を売買するオンライントレードも行われています。電子商店を一つのサイトに集めて運営を行うオンラインモール(電子商店街)という形態も生まれています。電子商店街には、個人店舗から大手企業まで、幅広い企業が参入しています。企業側は、単独で電子商店のサイトを構築するよりも安価で済み、決済などに共通機能を持たせることで、運営コストを抑えることができます。消費者側は、モール内を横断して商品を検索し、価格などの比較を行うことが可能です。モールによっては、決済処理を一括して行うことができます。個人情報漏えいのリスクを回避することが、課題となっています。

C to Cでは、Webサイト上で消費者同士がオークションを行う、オンラインオークションが代表的です。オンラインオークションの運営者は、オークションの作成や入札時に手数料を徴収することで、ビジネスが成立いています。大手ポータルサイトの他に、独立系の企業も参入しています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ