通販広告用語辞典

記事体広告

このページでは通販広告用語「記事体広告」について説明しています。

記事体広告

記事のような構成で書かれた広告を言います。「記事広告」、「記事広」とも呼ばれています。一見して広告とわからないことが多い為、広告としての抵抗感を感じにくく、広告効果が高いと言われています。主に、新聞や雑誌、フリーペーパーで用いられる広告手法です。新聞社や出版社で、広告主から費用を得て記事を作成しており、ペイドパブリシティの一種でもあります。広告主側が、広告内容を制作する「純広告」に対しても、使われている言葉です。広告(Advertisment)と記事(editorial)を合わせて、アドバトリアル(Advertorial)とも言います。

記事体広告は、クライアントには人気のある広告手法です。新聞であれば、新聞社が制作したことで、安心感や信頼感が生まれ、広告主や商品、サービスへの安心感や信頼感へとつながります。雑誌であれば、記事のような体裁であることによって、通常の広告のように読み飛ばされるリスクが減りますので、読者の興味のある内容であれば、目にとまるというメリットがあります。第三者からの視点で書かれていることも、信頼度を向上させる要因になります。有名人を起用した対談という、読者の注目をより引く形での記事体広告も作られています。

記事体広告は、記事と混同されることのないように、大手の出版社や新聞社では、掲載方法による対策がとられています。雑誌では、ページ番号を入れずに広告枠に掲載する、新聞では、記事の隅に「PR」「企画広告」などと記載するなどの措置がとられています。雑誌やフリーペーパーによっては、総ページ数の半分以上を記事体広告が占めている場合もありますが、どれが記事でどれが記事体広告であるかわからない場合もあるのが実情です。

インターネットが広まり、ブログやメールマガジンでも、記事体広告という手法がとられるようになってきました。広告審査がない場合が多く、審査があっても基準が緩やかであるため、自由度の高い広告手法です。手軽な広告手段として広がりを見せていますが、記事体広告ということを明示せずに、掲載するケースが多く見られます。記事体広告と明示せずに、記事体広告を掲載し続けると、全てが広告と見なされるようになり、媒体の信用力が低下します。記事体広告は、新聞、雑誌、フリーペーパーといった紙媒体と、Webサイトなどのインターネットを組み合わせたクロスメディアとしても利用されています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ