通販広告用語辞典

交通広告

このページでは通販広告用語「交通広告」について説明しています。

交通広告

公共交通機関の車両の内外や駅構内、用地などに掲出する広告の総称です。交通広告は、OOHと呼ばれる広告媒体の一つです。OOHとは、out of home(アウトオブホームメディア)の略であり、自宅以外で接触する交通広告や屋外広告などの総称です。特に都市部の電車の車内の中吊り広告は、通勤で毎日目にするため、訴求力の高い広告です。

交通広告には、様々な種類があります。 電車の車両広告には、車内の中吊り広告、窓上広告、ドア横広告、ドア上広告があります。社内ジャック広告や貸し切り広告と言われる、一編成を一社でまるごとで貸し切る広告は、インパクトが強く、浸透効果があるため、販売促進効果やブランドのイメージアップが見込めます。 バスでは、車内広告と車外広告があります。車内広告には、窓上広告、運転席後部H棒、ステッカーの他に、車体ラッピングがあります。車外広告には側板広告、後部広告の他に、ラッピングがあります。バスラッピングは、不特定多数の人に向けて大きなインパクトを与えます。 タクシーにおいても、車内広告のアドケースやステッカーなど、車外広告ではボディステッカーやラッピングがあります。飛行機や船でも、広告が掲示されています。 駅や空港には、電飾掲示版やポスター広告、アドピラー、フラッグ、フロア広告、アドステップなどがあります。駅や空港構内では、B3やB0など大きなサイズでの広告掲示が可能ですので、フラッグやアドビラーなどと連動した大規模な広告展開によって、注目度を上げることができます。

交通広告には、独自の特徴があり、他の媒体に対しての優位性もあります。都市部ほど、公共交通機関の利用率が高く、交通広告は、通勤・通学客が情報を得るインフォメーション効果があります。広告の掲出期間が長いため、通勤・通学の定期券利用者に対して、反復訴求するため、メモリー効果があります。マス媒体に匹敵する通勤・通学客に訴求することができ、外出が多くマス媒体にあまり接触しない層にも、アプローチすることができます。路線・駅など、地域を限定した広告展開が可能で、企業の事務所や店舗に近い駅などにセグメントして掲出することができますので、費用対効果がよく、販促効果が得られやすくなります。

交通広告の掲出期間は、中吊り広告やポスターなどでは、1日から可能です。費用は乗降客数や媒体によって、異なります。集中して媒体を組み合わせて広告展開を行うか、少数の媒体で長期に掲出を行うか、商品やサービスの特性、予算などから選ぶことができます。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ