通販広告用語辞典

インバウンド

このページでは通販広告用語「インバウンド」について説明しています。

インバウンド

インバウンドには、外から中へ、外から中へ入り込んでいくこと、内向き、本国行きのといった意味があります。

コンピュータや通信の分野では、外から中へという意味で使われています。インバウンドデータ、あるいは、インバウンドトラフィックという言葉があり、外部から転送されるデータのことを言います。インバウンドリンクという言葉は、被リンクとも呼ばれ、他のWebサイトから、自分のWebサイトにリンクが貼られることを言います。SEO対策に効果的とされており、被リンクを貼られる数が多いほど、検索エンジンエンジンで上位にランキングすると言われています。

インバウンドは、コールセンターの業務区分としては、お客様からの電話を受ける業務を言います。コールセンターの従来の目的は、主にインバウンド業務であり、問い合わせやクレーム、注文など、お客様からかかってくる電話を受けます。お客様、自ら電話をかけるという行為を行いますので、お客さまとの距離が近い業務です。

コールセンターのインバウンド業務では、多くの場合、ナンバーディスプレイと連動するデータシステムによって、運営がされています。主に、製造業やサービス業、通信販売などで、よき電話がかかるもとと、自動音声受付にて、1次対応が行われます。顧客は、いくつかのメニューから、希望する応対内容を選びます。用件に応じて、自動音声のみで終了するメニューとオペレータが対応を行うメニューから選びます。時間帯などによって混み合い、対応できるオペレータがいない場合には、自動音声によって、伝えます。オペレータが対応を行う際には、多くの場合、名、氏名、住所、電話番号等の本人確認を行います。対応した内容については、録音が行われることが多くあります。

インバウンドマーケティグとは、広告頼るのではなく、見込み客に対して、有益な情報をWebサイト上に公開し、検索エンジンで上位に表示されるようにし、自社のWebサイトに来てもらいやすくするマーケティング手法です。消費者が何かを買おうと思った時には、検索エンジンを用いて探してみたり、ソーシャルメディア上の口コミを参考にしたりすることがよくあります。検索エンジン最適化であるSEO対策だけではなく、SMO対策すなわちソーシャルメディアの最適化を行う必要があります。そして何よりも、自社のWebサイトを有益な情報を発信する魅力的Nサイトにすることが重要です。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ