通販広告用語辞典

ペイパークリック

このページでは通販広告用語「ペイパークリック」について説明しています。

ペイパークリック

ペイパークリックとは、広告が掲載されただけでは、費用が発生せず、広告がクリックされた回数に対して料金を支払うことをいい、クリック課金ともいわれています。Pay Per ClickからPPCとも呼ばれています。ピーピーシー広告とは、このようなクリック課金型の広告をいいます。本来は、課金方式による名称でしたが、クリック課金型である、検索エンジンのキーワードに連動して広告が表示される、リスティング広告を指して使われることが多くあります。Yahoo!プロモーションの「スポンサードサーチ」とGoogleの「アドワーズ」は代表的なピーピーシー広告です。

新聞や雑誌の誌面に掲載された広告などでは、実際に読者が広告を見たかどうかわからず、広告の費用対効果を正確に把握することは難しいとされています。読者が広告を見たかどうかにかかわらず、掲載したことで費用が発生します。多くのインターネット広告は、表示回数によって課金されるインプレッション課金型になっています。そのため新聞や雑誌と同様に、ユーザーが広告に目を留めても、ほとんど見なくても、広告料金が発生します。これに対して、ペイパークリックでは、ユーザーが広告をクリックしたときだけ、費用が発生しますので、広告主にとって、効率的な課金方式です。

ピーピーシー広告ともいわれるリスティング広告は、検索エンジンの検索結果画面に表示されます。広告主はあらかじめ広告に関連したキーワードを登録しておき、ユーザーがそのキーワードを使って検索を行ったときに、連動して広告が表示されます。広告が表示されたときには、コストが発生せず、広告をクリックされたときに課金されます。1クリックに対する単価は、検索に使用されたキーワードによって異なります。キーワードの単価は、入札方式によって決まるため、人気のある単語は高額になります。同じクリック回数であっても、単価の高いキーワードを使用していると、高額な費用が生じることがあります。キーワードは広告主が自由に選ぶことができますので、効率的なキーワード設定を行うことが必要となります。

リスティング広告以外にも、ピーピーシー広告はあります。アフェリエイトプログラムの多くは成果報酬型ですが、ペイパークリックが採用されていることもあります。コンテンツターゲティング広告、行動ターゲティング広告なども、ペイパークリックですので、ピーピーシー広告に入ります。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ