通販広告用語辞典

プロモーション

このページでは通販広告用語「プロモーション」について説明しています。

プロモーション

プロモーションとは、広義では、広告、人的販売、PR、販売促進をいい、狭義では、販売促進のみをいいます。プロモーションの目的には、新規顧客の獲得、既存客の購買促進、商品の認知度アップがあります。プロモーションは、ジェロームマッカシー教授が唱えた、マーケティングの4Pである、製品(Product)価格(Price)流通(Place)プロモーション(Promotion)に含まれており、マーケティングの構成要素の一つでもあります。

プロモーションの方法には、広告、人的販売、PR、販売促進があります。広告は、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌や折り込み広告、インターネット広告などがあります。人的販売とは、営業活動や販売活動において、消費者の購入に結びつくような働きかけを行うことをいいます。PRとは、パブリックリレーションの略であり、ニュースリリースの発行やパブリシティなどがあります。パブリシティとは、、宣伝効果はありますが、無料で新聞や雑誌などに掲載される発行社の視点から書かれたる記事で、宣伝効果のあるものをいいます。販売促進は、直接消費者に対して、あるいは流通業者を通して、購買意欲を増進させるための施策をいいます。アフターサービスも、販売促進に含まれます。

プロモーションには、プル戦略とプッシュ戦略があります。プル戦略とは、メーカーが直接、消費者に働きかけを行う戦略です。マス広告などの広告宣伝活動があたります。大手企業などが扱う認知度の高い商品に向いています。プッシュ戦略は、メーカーが流通業者にリベートやアローワンスなどのメリットを与え、自社製品を優先的に取り扱うことや、消費者に商品を推奨してもらうことを促す戦略です。認知度の低い商品や他社の商品との差別化がはかりにくい商品に向いています。プル戦略とプッシュ戦略は、併用して行うこともあります。

プロモーションを対象によって分けると、販売業者に働きかけを行うディラープロモーションと、消費者に働きかけを行うコンシューマープロモーションがあります。ディラープロモーションは、メーカーが小売業者に対して、販売に関する支援や経営に関する指導を行うことで販売を促進し、売上を増大させることを目的としています。コンシューマープロモーションは、クーポンや試供品の配布、懸賞やデモストレーション販売の実施、POP広告やパンフレットの提供、ダイレクトメールの送付などがあります。消費者に商品に対して関心を持たせ、購入を促すことを目的としています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ