通販広告用語辞典

回読率

このページでは通販広告用語「回読率」について説明しています。

回読率

新聞や雑誌などにおいて、一誌あたりの読まれている人数を言います。すなわち、一誌あるいは一冊を読んでいる人数です。例えば新聞では、家庭に配達されている新聞では、世帯内で複数人数が読むことがあり、企業の事業所内においても、複数の社員が読む機会があります。実際に一誌を閲覧している人数は、発売部数を上回ることになります。回読率の計算方法は、回読率=閲覧人数/販売部数(発行部数)です。また、販売部数(発行部数)×回読率=推定総読者数となります。回読率が高いほど、同じ販売部数であれば、広告が目に触れる人数が多くなります。広告の出稿を行う媒体を決める際には、販売部数だけではなく、回読率も重視し、推定総読者数を考慮する必要があります。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4マス媒体の特徴を比較した場合に、雑誌は回読率が高いと言われている媒体になります。多くの雑誌は、回読率だけではなく、保存率も高いため、長期にわたって媒体価値を維持することができます。特に、事業所において購読されている専門誌では、長く保存され、複数の人によって閲覧される為、広告が多くの人の目に触れる機会が多くなります。回読率の高い媒体では、販売部数以上の潜在的な広告効果が期待できます。回読率、保存率、あるいは再読率が高く、閲覧時間が長い媒体は、広告に触れる機会の多い媒体と言えます。

広告の媒体選択の要素として、テレビCMやラジオCMでは、視聴率や視聴者層を考慮します。新聞や雑誌では、年齢や所得、性別などによりセグメントされたターゲット層との親和性や発行部数のほかに、回読率も考慮に入れます。実際に多くの人の目に触れる媒体でなければ、広告の効果が薄れてしまいます。発行部数がたとえ多くても、一度読んで捨てられてしまうような保存率の低い雑誌は、回読率も低く、広告にあまり目がいかない可能性があります。広告においては、雑誌を購入する人が全てではありません。保存され、回し読みされることで、広告が多くの人の目に触れる可能性のある回読率の高い雑誌が、広告の掲載価値の高い雑誌となります。

そのため、出版社や新聞社のWebサイトなどでは、広告主が広告媒体を選ぶための指標となるように、新聞や雑誌の回読率が開示されている場合が多くあります。回読率の高い媒体は、レスポンスが期待でき、効率のよい宣伝活動のできる媒体として、広告を獲得するためにアピールを行っています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ