通販広告用語辞典

レコメンデーション

このページでは通販広告用語「レコメンデーション」について説明しています。

レコメンデーション

顧客の趣向を分析し、価値がある商品やサービス、情報を薦めることを言います。Webサイトでは、ユーザーが登録している趣向などの情報や、通販サイトであれば過去の購入履歴などから、ユーザーが興味を持ちそうな内容を選別して表示するサービスです。

レコメンデーションを行うことで、事業者側は、ついで買いを促進し、売上げの増加を図ることができます。消費者側は、サイト上で必要な商品を探す手間が省け、効率的に必要な商品に辿り着くことができます。ユーザーにとって有効な情報が表示されれば、事業者側、消費者側の双方にメリットのある仕組みです。

レコメンデーションは、商品のデータ、商品の購入履歴などの行動履歴、あらかじめ登録してある趣向などの個人の申告データ、第三者である専門家の意見などを基に情報を分析し、配信されています。どのデータを利用するかによって、表示される商品などのアイテムが異なっていきます。レコメンデーションの中でも、商品の購入履歴、閲覧履歴などの行動履歴などを基に、同じような嗜好の人の購入傾向をもとにした商品表示が行われることを協調フィルタリングといいます。行動履歴を基に、確率計算をした結果により、商品が表示されますので、人気アイテムが上位に表示されやすい傾向があります。個人の嗜好は考慮せずに、直近の商品の閲覧情報を基に、関連する他の商品を薦める情報を表示する方法もあります。この場合は、同じ商品を閲覧した人には、同一の商品が表示されます。その商品を使うために必要な、付随する商品を表示したい場合などに、有効な手法です。行動履歴は考慮せずに、登録された趣向などのデータからレコメンデーションを行う方法もあります。これらのデータを使用せず、第三者の薦める情報を一律に表示する場合もあります。

書籍やCD、映像ソフトなど、ユーザーごとに嗜好の異なる分野で、レコメンデーションは、特に有効であるとされ利用されています。しかし、他者へのプレゼントをサイト上で購入すると、協調フィルタリングなどでは、本人の嗜好とは異なる傾向の商品が表示される可能性もあります。

レコメンデーションを有効なマーケティング手段として活用するためには、Webサイトの特性にあったレコメンデーションエンジンの構築が必要とされます。どのデータを取得して利用し、どのデータに重点を置くのか、また表示するアイテムの順位など、サイトに即した考察が必要です。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ