通販広告用語辞典

サンプリング

このページでは通販広告用語「サンプリング」について説明しています。

サンプリング

統計調査を行う際に、母集団から一部の標本(サンプル)を抽出することをいいます。サンプリングには、無作為抽出、多段抽出、層化抽出などの方法があります。サンプリングによって行われた調査をサンプル調査といいます。サンプル調査では、調査対象全体に行った全数調査と、調査方法によって、誤差に違いがあります。

無作為抽出は、ランダム抽出とも言われています。母集団から、標本を抽出する際に、無作為で行う方法です。全数調査を行うことが、費用面やコスト面などなどから難しい場合に行われます。統計学の観点からは、大きなン母集団では、一部の標本を調べるだけで、ほぼ正確な傾向をつかめるとされています。無作為に標本を選ぶ方法には、乱数表を用いる方法、コンピュータの乱数系列、表計算ソフトの乱数計算の関数を使用する方法などがあります。しかし、特に母集団が大きい場合においては、全体の対象者のリストを入手することが困難であるため、無作為抽出を行うことができない場合が多くあります。

多段抽出は、広いエリアを対象にした調査で用いられることの多い方法です。第一段階として、エリアをいくつかに分けて、無作為に対象となるエリアをいくつか抽出します。第二段階として、抽出されたいくつかのエリアを、さらに複数のエリアに分け、無作為に抽出します。これを何度か繰り返し、最終的に抽出されたいくつかのエリアにおいて、無作為に抽出した対象者に対して調査を行います。広いエリア全体から、無作為抽出を行う場合の比べて、調査員が実際に出向く調査では、移動距離が少なくて済むというメリットがあります。しかし、エリアごとの特性が色濃く反映された場合には、全体の傾向を正確につかむことは、難しくなります。

層化抽出とは、母集団から標本を抽出する際に、あらかじめ、年齢、性別、職業などのいくつかの層に分けて、分けられた層ごとに、標本となる対象者を抽出する層です。母集団の属性や、全体に対しての分けられた層ごとの規模が、わかっている必要があります。無作為抽出に比べて、誤差が少ないと言われています。

RDDは、乱数番号表を用いて電話をかけ、電話に出た人を対象に調査を行う抽出方法で、世論調査でよく使われる方法です。固定電話だけが対象となるため、若年層を中心とした固定電話を持たない層は対象にならず、家にいる専業主婦が対象となりやすく、対象者に偏りが出る欠点があります。インターネットによるアンケート調査も、インターネットを使える環境にあり、アンケートに関心のある人のみが対象となるため、調査結果に偏りが生じやすいとされています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ