ラジオ広告

親近感・信頼感の高いラジオ番組

ラジオ番組

ラジオは放送しているパーソナリティーと聴取者の距離が近く、親近感の高い媒体です。古くは、電話やFAXで、現在ではtwitterなどのソーシャルメディアで投稿したコメントがリアルタイム紹介されるため、リスナーが一緒に番組を作っている感覚を実感できるためでしょう。『よく聞くラジオ番組のパーソナリティー・DJに「親しみ」「絆」を感じる』 と回答している人は約60% 。TVよりも、固定の放送局や番組のファン化が顕著なメディアです。東日本大震災以降、「情報が早い」「頼りになる」など、メディアのパワーも見直されています。この様な、信頼度の高いメディアから発信されている情報であるということが、広告効果を高めている最大の理由です。

パーソナリティー選びが成功の秘訣

ラジオ広告にも2パターンありますが、通販広告に適している「生コマーシャル」と言われる手法は、番組のパーソナリティーが商品を紹介してくれる手法です。ラジオのリスナーにはパーソナリティーの熱狂的なファンが多く、「このパーソナリティーさんがお勧めしているなら」という理由で商品を購買するミドル~シニア層も少なくありません。パーソナリティー(番組)選びが、通販ラジオ広告成功の秘訣と言えるでしょう。

生コマーシャル
番組中に、自然な流れで商品を紹介してもらう広告手法です。パーソナリティーが1人で原稿を読む場合、メーカー(広告主)の担当者に出演してもらって掛け合いをする場合の両方のパターンがあります。生で放送される場合、事前に収録しておく場合など、放送枠によって様々です。
スポットCM
広告主がCMの完パケ素材を用意し、ラジオ局からCMの放送枠を購入してCMを放送する手法です。(TV CMと同じイメージです。)通常のスポットCMは20~40秒が一般的ですが、通販では60秒以上の尺を用いることが多く、単なる告知で終わらない様、各社様々な工夫を凝らしています。

返品率の低さも魅力

返品

雑貨や布団など、10,000円以上の高額商品がラジオで売れた事例もありますが、化粧品や健康食品など他社と差別化が図りにくい商品では、無料~1,000円未満のサンプル商品の方が、広告効果が高くなる傾向にあります。ラジオショッピングでは商品が見えないため、届いた商品がイメージと異なっても、見ていないから仕方ないと納得するケースが多く、返品率が低いのも特徴です。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ