通販広告用語辞典

エス.エヌ.エス(SNS)

このページでは通販広告用語「エス.エヌ.エス(SNS)」について説明しています。

エス.エヌ.エス(SNS)

エス.エヌ.エスとは、SNS(=Social Networking Service)、ソーシャルネットワーキングサービスの略称です。ユーザーが互いに個人の情報を公開し合いながら、コミュニケーションを取り合う、コミュニティ型のWebサイトをいいます。SNSには、既存の参加者からの招待で参加できるシステムのものと、誰でも参加できるシステムのものがあります。Facebookやmixi、GREE、LinkedInなどがあります。Twitterのように、SNSに他の要素を融合させたサービスもあります。
mixiは、日本では最大規模を誇り、2004年から公開されています。登録には、携帯電話のメールアドレスが必要ですが、アカウントは実名である必要はないとされています。以前は、既に登録しているユーザーからの紹介がないと入会できない完全招待制でしたが、2010年より招待状なしでも登録が可能になりました。マイミクといわれる友人、日記、コミュニティ、フォト、ボイス、メッセージなどの機能があります。Facebookは、2006年以降に一般に公開された世界最大のSNSサイトです。クローズドサイトであり、実名登録が推奨されています。古い友人を探すことができるという特色があります。投稿内容は、閲覧範囲を制限することができます。Twitterは、140文字以内のつぶやきを投稿できるサービスです。
SNSは、緩やかな匿名性を取り入れながらも、ある程度個人を特定できる情報を取り入れることで、迷惑行為を軽減しています。サイト内のユーザーのみがコミュニケーション可能なクローズドネットワークです。実社会での趣味や仕事、出身といった属性でセグメントされ、可視化されています。多くのSNSでは、親しさの程度に応じた段階的な情報の公開が可能であり、時間的、地理的条件に左右されないインターネット社会ならではの交流を行うことができます。
SNSは個人間のコミュニティだけではなく、ビジネスにも活用されています。企業から顧客への情報発信ツールとして使われています。Facebookでの情報発信は、多くの大手企業でも利用されています。SNSは企業側からの直接的な情報発信だけではなく、商品やサービスに関する口コミを意図的に広め、消費者への認知を広げ、顧客の獲得を行うバイラルマーケティングのツールとしても使われています。低コストで、販促活動が行える上、口コミで、さらなる広がりが期待できます。また、商品やサービスの体感情報も伝達されることもあります。SNSは、効率的なマーケティング活動を行う上で、欠かすことのできないツールとなっています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ