izmir çocuk escort çocuk escort antalya istanbul escort çocuk çocuk escort izmir orospu izmir cocuk escort bayan orospu izmir escort orospu bayan antalya istanbul cocuk escort cocuk escortlar izmir ankara size dar gelir ankara cocuk escort cocuk bayan ankara ankara cocuk escort ankara travesti escort cocuk ankara cocuk escort ankara ankara cocuk escort ankara escort escort ankara ankara eskort eskort ankara ankara eskort bayan ankara escort bayan escort bayan ankara ankara escort bayanlar ankara çocuk escort ankara escort escort ankara ankara escort bayan bayan ankara escort escort bayan ankara ankara escort bayanlar ankara çocuk escort ankara escort escort ankara cocuk pornosu

媒体選びのコツ

通販広告の媒体選びには、押さえるべき重要なポイントがあります。いくつか事例を使ってご説明します。

  • 30万円の雑誌A、50万円の雑誌B、どちらに出稿するか?

    あなたなら、何と答えるでしょうか。多くの広告担当者は、雑誌Aと答えるでしょう。ですが、この情報だけでは判断できません。なぜなら、雑誌Aの発行部数が10万部(部単価@3円)、雑誌Bの発行部数が50万部(部単価@1円)なら、1人へのリーチ単価は雑誌Bの方が安くなり、レスポンス率が同じと仮定した時、雑誌Bの方が効率よく顧客を獲得することができるからです。

    また、雑誌Aと雑誌Bの購読者属性はどうでしょうか。雑誌Aのメイン読者が40代女性、雑誌Bのメイン読者が20代女性だったとしましょう。あなたがアンチエイジングのサプリメントを売りたい場合、ターゲットにリーチできる媒体どちらでしょうか。この場合、部単価が高くても雑誌Aを選んだ方が、結果的に効率は良くなります。

  • 事例2

    50~70代の女性をターゲットとした場合、TVと新聞のどちらを使っても、ターゲットにリーチすることは可能です。では、同じ「しわ伸ばしテープ」を販売する場合、どちらの媒体の方が向いているでしょうか。この場合、TVの方が効果的だと考えます。なぜなら、しわ伸ばしテープという、貼ると効果が目に見えて分かる商品の場合、紙で使用前・使用後を載せるよりも、実際に映像で見せた方がリアルな商品力が伝わりますし、見ている人の商品への信頼感、納得度も高くなり、購買につながりやすいからです。その他の事例だと、食品は、しずる感を出せるという点で、TVとの相性が高いです。TVと新聞に限ったことでなく、各媒体にはそれぞれの媒体特性があります。その特性をしっかりと見極め、自社の商品に適切な媒体を選ぶ必要があります。

  • 事例3

    御社が昨年酵素サプリを販売開始した会社だとしましょう。酵素は同業他社も多く、中にはもう20年以上販売している歴史ある会社もあります。その酵素を20年売っている会社が地上波でCMをしている場合、あなたの会社もすぐに地上波でCMを始めるべきでしょうか。答えはNOです。あなたの会社とその会社では、広告予算も、商品の知名度も違います。商品の販売ステージが異なるのに、媒体だけを真似しても上手くいくはずがありません。発売後すぐは、商品の訴求案(広告のメインコンセプト)を決めるだけでも、テストにある程度時間がかかります。その際は、比較的安く、テストをしやすい紙媒体を選ぶべきです。自社の商品の販売フェーズと、広告を通して達成すべき目標を明確にし、その目標を達成するためのプランを組み立ててください。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ