通販広告用語辞典

テレビ通販広告

このページでは通販広告用語「テレビ通販広告」について説明しています。

テレビ通販広告

テレビのCMとして放送される通販広告です。テレビ通販広告の多くは、インフォマーシャルと言われるものです。インフォマーシャル(Infomercial)とは、コマーシャルメッセージの一つであり、インフォメーション(information)とコマーシャル(commercial)を合わせて作られた造語です。CM、コマーシャルと言われている言葉は、コマーシャルメッセージの略であり、本来は商業用に行われる伝言という意味ですが、現在では、テレビやラジオの番組の間や番組途中で放送される広告という意味で使われています。一般的なCMの放送時間は、15秒から30秒ですが、インフォマーシャルは、それより長く1分程から60分程かけて商品の説明を行い、購買活動を促します。テレビショッピングと言われるもので、CMというより、テレビ番組のように感じられることもあります。もともと欧米で発展し、日本では、アメリカから取り入れられた広告手法です。

一般的なCMは、商品のイメージをよくすることで、販売促進につながることを目的として作られていますが、インフォマーシャルは、商品の説明を詳しく行うことにより、購入や問い合わせなど、消費者の直接的な行動を即時に促すことを目的として作られています。

放送時間は、1分、1分30秒、2分、3分、4分、5分といったCM枠を使ったものから、30分、60分といった番組枠を使ったものまであります。放送時間の長さや予算によっては、放送できる時間帯が限られる場合もあります。ワイドショーの一部に、宣伝として組み込まれている場合もあります。主に、日中には、短時間のインフォマーシャルが、深夜には、比較的時間の長いインフォマーシャルが多く放送されています。

インフォマーシャルは高額と思われがちですが、放送時間の長さ、放送の時間帯といった媒体による放送費用と、CMの制作費用により、金額は大きく異なります。短い時間でスポット的な放送を行い、宣伝効果を試してから、継続的に広告放送を行うことを検討することもできます。東京のみや特定の地方のみなど、放送局を限定して行い、放送による効果が立証されてから、全国放送に切り替える方法もあります。

商品のターゲット設定を基にして、CM提供を行うテ放送時間帯やテレビ番組の選定、ターゲットである消費者に訴求する制作内容などは、広告代理店のノウハウによるところが大きくなります。売れるテレビ通販広告になり得るかどうかは、広告代理店の力量にもよります。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ