通販広告用語辞典

ユニークユーザー(UU)

このページでは通販広告用語「ユニークユーザー(UU)」について説明しています。

ユニークユーザー(UU)

ユニークユーザーとは、ある期間内において、WebサイトまたはWebサイト内の特定のページを訪問した人の数をいい、複数回訪問した人は一回と数えます。UU(=unique users)とも表されます。ユニークブラウザ、ユニークビジターといわれることもあります。ユニークユーザーは、ページビューに比べて、数字は小さくなります。Webサイトまたはページが閲覧された回数を指すページビューと比べて、サイトに興味のある人数を把握することができます。CookieやIPアドレスなどの情報を使って、既に訪問したことのあるユーザーか判別するため、正確なカウントは難しいとされています。

1人のユーザーが、複数回Webサイトを訪れたり、複数のページを閲覧した場合、ページビューは、閲覧回数分だけふえますが、ユニークユーザーは1の増加となります。

100人が5回ずつ閲覧したサイトA、400人が1回ずつ閲覧したサイトBがあり、ともにコンバージョンは、10人であったとします。このときのコンバージョン率をページビューから求めると、A:10÷(100×5)×100(%)=2% B:10÷400×100(%)=2.5%  ユニークユーザーから求めるとA:10÷100×100(%)=10% B:10÷400×100(%)=2.5%です。ページビューで比較すると、Bの方が費用対効果がよくなりますが、ユニークユーザーで、比較するとAの方がよくなります。広告効果を検証する際には、ユニークユーザーとページビューのどちらの値を使用するか、目的によって使い分ける必要があります。

Webページを閲覧した人に対して、クリックした人の割合を算出する場合にも、ページュビューでは、興味がある人ほど、複数回サイトを訪問するので、クリック数÷ページビューでは、一人が複数ページを閲覧するほど、値が小さくなってしまいます。ユニークユーザーであれば、Webサイトを見た人のうち、クリックした人の人数を把握できるので、広告効果を検証しやすいデータとなります。

Cookieは、ユーザーによっては、定期的に削除している場合があります。CookieやIPアドレスも、一人が複数台のPCを使用している場合や、1台を複数で使用している場合には、差異が生じます。

ユニクークユーザーの「ユニーク」とは、「変わっている」という意味ではありません。ユニークには、「唯一の」「独特の」といった意味や「重複のない」という意味があります。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ