通販広告用語辞典

損益分岐点

このページでは通販広告用語「損益分岐点」について説明しています。

損益分岐点

売上高と費用が等しくなり、利益も損益も発生しない分岐点を指します。英語では、break-even pointと言うことから、BEPと表記されます。売上高が損益分岐点以下であれば損失が生じ、損益分岐点以上になれば利益が生じるため、採算点とも呼ばれています。CVP分析と言われる損益分岐点を用いた分析手法は、企業の短期利益計画に有効とされています。CVPとは、Cost(コスト)、Volume(販売数量)、Profit(利益)の頭文字をとった名称です。

売上高を基準とする場合には、損益分岐点売上高と言われ、管理会計で使用されています。販売数量を基準とする場合には、損益分岐点販売数量と言われ、経営工学で使用されています。

損益分岐点は、損益分岐点 = 固定費 ÷{1-(変動費÷売上高)}という公式で算出します。原価は、固定費と変動費に区分されます。固定費とは、生産量や売上高の変化に関わらず発生するコストであり、機械のリース料、設備の減価償却費、従業員の給料などが含まれます。変動費とは、生産量や売上高の変化によって、増減が生じるコストであり、仕入原価、材料費、外注費、支払運賃、配送費、保管料などが含まれます。人件費は、正規職員であれば固定費ですが、パートなど非正規雇用に関しては、変動費に含まれる場合もあります。売上高から変動費を控除したものを限界利益と言います。損益分岐点売上高を算出するには、損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率という公式で求められます。損益分岐点を知ることにより、一定のコストの下で利益を出すために、最低限必要な売上高を知ることができます。

売上高に対しての損益分岐点売上高は損益分岐点比率と言い、損益分岐点比率 = 損益分岐点売上高 ÷ 純売上高という公式で算出します。損益分岐点比率は、企業の収益性を評価する際に使われることが多くあり、低い方が、収益性が高くなります。経済紙の紙面にも掲載される数字です。

同じ売上高において、より多く利益を生み出すためには、損益分岐点を下げる必要があります。損益分岐点を下げる方法として、限界利益を上げることと、固定費用を下げることが挙げられます。限界利益を上げるためには、変動費を下げる必要がありますので、材料の仕入れ先の変更や歩留まりをよくするなど、材料費や物流に係わるコストなどを削減します。固定費用を下げるためには、正規職員を削減し、パート、契約社員などを増やすことによる人件費の削減、アウトソーシング、稼働率の悪い設備の処分などを行います。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ