通販広告用語辞典

キーワードツール

このページでは通販広告用語「キーワードツール」について説明しています。

キーワードツール

インターネット上の過去の検索結果から、自分の商品・サービスに関連したキーワードや、見込み客が検索していそうなキーワードなどを、いろいろな観点から探すことができるサービスのことです。 通常、インターネット上で、その言葉にどれだけの需要があるかを知るためには、どれだけ検索されているかを調べることでわかるため、たとえば、どのキーワードをターゲットにSEO対策を行うかを決める際に、月毎の検索ボリュームを調べたり、関連ワードを調べたりする時に利用されます。また、インターネット広告を行う場合に、過去の膨大な検索結果から、出稿するワードの検索数を予測したり、どのワードで出稿すのが費用対効果がよいかを広告予算と共に調べる時にも使われます。 たとえば、俗にビッグワードといわれる、大分類にあたるキーワード(たとえば、「コスメ」「ダイエット」など)については、検索数は大変多いものの、広く情報を収集している人がすべて含まれてしまいます。逆に、ニッチワードといわれるキーワード(たとえば、あまり知られていない商品名や会社名)は、目的をしぼって探している検索だと推測されますが、検索数が少なすぎて、広告掲載やSEOに値するキーワードとしての役割を果たすことができません。そこで、その間に位置するキーワードや、複合キーワードと呼ばれる2語以上のキーワードの組み合わせ(たとえば「コスメ 無添加」など)の中から、見込み客が検索しているものを予想し、キーワードツールで、検索の規模が適当かを判断します。 キーワードツールには、無料で使えるものも多くあり、GoogleAdWordsキーワードツール(https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal)が最も有名ですが、他にも、Ferret(フェレット http://tool.ferret-plus.com/tkwsearch)、新巻鮭(http://aramakijake.jp/)などがあります。それぞれに機能が異なる様々なキーワードツールが存在し、主として無料で使うことができますが、それぞれのサービスごとに、検索数などの結果にばらつきがあるなど特徴があるため、複数のサービスを使ってキーワードを探すのが一般的です。 なお、キーワードツールがベースにしている検索結果には、見込み客以外に、キーワードを探すために検索をしているアフィリエイターなど、同じくSEOやインターネット広告のために検索している人も多く含まれていることを念頭に置いた上で活用するようにしないと、かけ離れた結果になることもあるので、キーワードツールの結果だけに頼らず、見込み客が何を意図して検索をするのかをリサーチすることも忘れてはいけないのは、もちろんです。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ