通販広告用語辞典

ランディングページ(landing page)

このページでは通販広告用語「ランディングページ(landing page)」について説明しています。

ランディングページ(landing page)

ランディングページ(landing page)とは、外部からあるWebサイトを訪問する際に、訪問してきたユーザーが最初アクセスしたページのことですが、ランディングページ最適化とは、そのページの内容を、より訪問者に適したものにすることを言います。 検索エンジンやインターネット広告などを経由して訪れたユーザーは、通常、目的としている情報がありそうかどうかを、最初にアクセスしたページで判断し、なさそうだと判断した場合には、すぐにそのページから離れてしまうため(離脱)、最初にアクセスするページの内容が、大変重要になります。そこで、これまでに様々なランディングページが試みられた結果、現在では、一番効果的な方法として、特定の商品販売ページや資料請求ページなど「訪問者にある一つの行動を取らせることに特化したページ」をランディングページとして用意する方法が定着し、通常は、そのような一枚物のページのことだけを指して、ランディングページと呼ぶことが一般的になっています。 中でも特に、インターネット広告などの誘導先を、そのような狭義の「ランディングページ」にした上で、最も成約に結びつきやすい内容を追求していくことを、特に「ランディングページの最適化」と呼ぶことも多くなっています。略して、LPO(エルピーオー: Landing page optimization)とも言います。 具体的には、キャッチコピーやトップ画像はもちろん、入力フォームの形式、ボタンの色・形にいたるまで、1つ1つABテスト(スプリットランテスト)と呼ばれる比較テスト(一箇所だけを変えた2つの案に、実際にアクセスを流して、どちらのほうが成約率が高いかを検証するテスト)を繰り返したり、ユーザーの動きを視覚化できるシステムなどを利用して、最適化していきます。 インターネットの世界では、アクセス数のうち何件が成約に結びつくか、という成約率が非常に重要です。成約率が2倍になれば、同じアクセス数しかなくても、売上が即2倍に跳ね上がるからです。また、成約率がわかっていれば、あとはアクセス数を増やせば、比例して、売上が伸びていきます。そのため、ひとつひとつ細かい部分を改善して、成約率を数パーセント上げられるだけでも、広告費用を節約し、利益を増加させることにつながりますが、実際には、単に、ボタンの色を変えるだけでも、成約率は何倍も違ってくることが多く、あらゆる部分を最適化できれば、ランディングページの成約率は、何十倍も違ってくる場合もあると言われています。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ