通販広告用語辞典

アップセル(up-sell)

このページでは通販広告用語「アップセル(up-sell)」について説明しています。

アップセル(up-sell)

アップセル(up-sell)とは、ある商品やサービスを購入しようとしている人に対して、内容のより優れた上位商品を勧め、当初購入をしようと思っていた価格帯の商品よりも上位の商品を購入してもらう販売手法のことです。これによって、顧客単価を上げることが可能になります。アップセールス、アップセリングなどとも呼ばれます。例えば、ハンバーガーショップなどで、「プラス50円で、ドリンクをMサイズにできますが、いかがなさいますか?」と聞かれることがあれば、それがアップセルの販売手法です。お寿司で言えば、並と上と特上が用意された商品構成になっていること自体が、アップセルを取り入れた商品展開だと言えるでしょう。 単に上位商品があることを案内するだけでも、一定の割合で上位商品をが選ばれることが知られています。そのため、同じ集客数でも、アップセルの手法を取り入れることで、売上を向上させることが可能なのはもちろん、販売コスト自体は、ほとんど変わらないままで売上額が上昇することから、利益率も上げることが可能です。 また、用意していた商品やサービスよりも、より付加価値の高い商品やサービスを求めている顧客に、より深い満足を与えたり、顧客ニーズの取りこぼしによる離脱を少なくすることもできますから、どのような業種・業態の商品・サービスの販売であっても、まず一番先に取り入れるべき戦略といえます。 アップセルを成功させるには、顧客のニーズがどのようなものであるか、何に付加価値を感じ、どんなサービスになら高い料金であっても満足するのかを詳細に検討し、多様な顧客ニーズにできる限り対応できるような商品構成を考え、誘導方法まで設計しておくことが大切です。つまり、場当たり的に、何でもすすめれば良いというものではなく、あらかじめ、何か商品やサービスの販売を初める場合には、販売をはじめる前に、その商品のアップセル商品は何にするか、アップセル商品の更に先の商品は何か、ということを含めて検討し、全体としての利益が最大化するように、きちんと考えておくことで、スムーズに導入することができます。 似た手法に、買いたいと思った商品よりも、手軽で廉価な下位商品を案内するダウンセル(down sell;ドリンクのSサイズもご用意できますと案内する方法)、関連の深い別の商品を勧めるクロスセル(cross sell;ハンバーガーのサイドメニューとして、ポテトも一緒にいかがですか?と聞く方法)があり、適宜、組み合わせて販売ラインナップを構成します。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ