通販広告用語辞典

バイラルマーケティング(viral marketing)

このページでは通販広告用語「バイラルマーケティング(viral marketing)」について説明しています。

バイラルマーケティング(viral marketing)

バイラルマーケティング(viral marketing)とは、消費者同士の口コミによる宣伝効果利用して、販売促進につなげることを狙って行う、インターネット上のマーケティング手法のことです。具体的には、ブログ、掲示板、SNSなどの個人間のコミュニケーション手段を使って、自然と広めたくなるようなメッセージを出すことで、口コミを作り出し、宣伝の目的を達成します。うまく当たれば、「ウイルス性の」という意味の「バイラル」の名前通り、ウイルスの感染に似た、爆発的な情報の広まり方をすると言われています。なお、商品やサービス自体が魅力的で、つい口コミをおこして広めたり、自分の知り合いを誘いたくなるようなやり方を「1次的バイラルマーケティング」といい、「お友達紹介キャンペーン」など、口コミを行った紹介者に、報奨(インセンティブ)が用意されており、具体的に、紹介してくれるように依頼する仕組みを取り入れたものを「2次的バイラルマーケティング」と呼びます。 バイラルマーケティングは、知り合いからの紹介や推奨のメッセージとして伝達されるため、これまで一般的に行われてきた企業からの広告よりも、説得力があるものとして受け止められ、従来の広告に比べて、非常に効果が高く、また、低コストでの顧客獲得を可能にすると言われていますが、一方、口コミ発生の可能性をできるだけ高める仕組みや環境を整えることはできても、その広まりの予測は難しく、効果的な宣伝にならない恐れがあると言われています。また、逆に、想定を超える申し込みが殺到してしまったり、インセンティブ目当ての利用者ばかりが集まってしまい費用対効果が悪くなりすぎるという失敗も考えられるため、あらかじめ、さまざまなケースを想定しておく必要があります。 また、たとえば、有名人が宣伝であることを隠して、広告主から報酬をもらって、自分のブログで商品を紹介していたことが一時期問題になりましたが、そのように宣伝であることを隠して紹介を行う場合には、ステルス・マーケティングと呼ばれています。その場合には、「やらせ」が発覚すると、消費者をだます行為だと激しく非難され、逆効果どころか、炎上する事態にもなり、本来意図したメッセージと逆の内容で、爆発的に広がってしまいかねないため、バイラル・マーケティングを仕掛ける場合には、細心の注意を払って行うことも必要になります。 話題の総量を人為的に増加させることを狙うバズ・マーケティングと似た概念です。

通販広告用語辞典 ※50音順

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料コンサルティングのお申込み

通販広告に関するご相談、お気軽にお問い合わせください

ページのTOPへ